ギャップイヤー、計画変更!!

結構好きだったボカロPのwowakaさんが亡くなられて若干気分が沈む、AIU16期ギャップイヤー生の西山です。こんちわ。

 

バイトに行くのに、冷蔵庫から事前に作っておいた紅茶を取り出したまま家に置いてきて悲しみを抑え切れませんが、今日は変更した計画について軽く書きます。

 

計画変更の原因は前回のブログをご覧ください。

さて、変更後の計画は大きく3つの段階に分かれます

  • 日本での授業見学、インタビュー
  • インドでのインタビュー、授業見学
  • フィンランドでの授業体験、インタビュー

 

 

さて、一番上から詳しく書いていきましょう。

ま、簡単に言えば、地元の小中学校で授業見学して、ついでにインタビューします。そのまんまですね。なんか、オープンスクールとかいうのがあるみたいで、それを使って授業見学しようと思ってます。

 

次に、インドです。インドでは、タミル地方?に住んでいるアショクさんという方(父親の元同僚)に頼んで、10日間ホームステイさせてもらおうと思ってます。アショクさんは、つい1週間ぐらい前に日本に来てたらしく、その時に父親が話す→たまたま僕の話をする→ならインドにおいでよ!みたいな感じで知り合いました。うーん、ラッキー。インドでは、そのアショクさんが学校のオーナーをしているらしいので、そこで見学やインタビューをしつつ、アショクさんの事業(エンジニア向けの日本語学校)を手伝おうと思ってます。アショクさん、ありがたや、、、(宗教的に神はOKなのか?)

個人的にインドに行ったら右手でカレーを食べたい。

 

最後に、フィンランドです。

フィンランドは一番滞在期間が長くて、33日間になります。フィンランドでは、授業体験とありますが、まさか自分が授業するなんてことはありえないですね。授業を受けます。

ヘルシンキ夏季大学というものがありましてですね、そいつに参加しようというわけです。んで、フィンランド語でフィンランド語を勉強してきます。

 

そして、8月24日に日本に帰国します。

 

勘のいい人やAIU生はなんとなく気づいたかもしれないですが、家には帰りません。

入寮日が8月24日なので、直接秋田まで行きます。フライトスケジュールに余裕は持ってるので大丈夫なはず、、、カタール航空を信じろ。

 

まあ、こんな馬鹿みたいな計画ですが、アイスランドのやつよりは実現性が高いです。

心配事があるとすれば、モルディヴでの乗り継ぎが1時間しかないこととか、ギャップイヤー発表会までの準備を全て海外で済ませねばならないこととか、帰国便が遅れて24日に秋田につかない可能性とかですね。(心配事結構ある)

 

まあ、多分死にはしないので、安心しましょう。ひとまずバイト頑張ります(渡航費用は自分の財布から)

 

 

今回のブログ、黒字ばっかで見にくいけど、許して。あんまり重要なことないし、こんなの読みたい人は黒でも苦なく読める人だからね……

 

本当に詳しく知りたいという、奇特な方はこちらのリンクから報告書のWordデータをダウンロードできますので、見てみてください。

 

あと、今日(4/8)ホームステイの申請メールを送ってたフィンランド人から返信が来まして、Unfortunately...だそうです。ここ数週間Unfortunatelyという文字列を見過ぎてて大量のお祈りメールを受信する就活生みたいな気持ちを味わってます。悲しい。

さて、最後の味方Airbnbに手を付けるとするか。